CMRI第二回シンポジウム

 

計算材料科学研究拠点 第2回シンポジウム

計算材料科学の展望:構造用材料の機械的性質・耐熱強度における課題克服と産官学連携推進に向けて”

共同開催:元素戦略WG「第2回 構造材料の部」 

協賛:CMSI元素戦略ワーキンググループ/CMSI産官学連携小委員会/材料科学国際週間2011


 

【開催日程】平成23年12月6日(火)・7日(水)  

【開催場所】東北大学 金属材料研究所 2号館講堂

 ポスター

プログラム】

12月6日(火)

司会 毛利哲夫

10:30 開会の挨拶 新家光雄 東北大学 金属材料研究所 所長

10:40 「京を中核としたHPCIの構築とHPCI戦略プログラムの概要」林 孝浩 文部科学省 計算科学技術推進室長

11:00 ●シンポジウム開催にあたって 毛利哲夫 CMSI計算材料科学拠点長 

11:20 ◎鉄鋼材料の課題 産業から 

「産業界から見た鉄鋼材料における計算科学への期待」潮田浩作 新日本製鐵(株)フェロー 

12:00   ランチ

 司会 田中 功

 ◎材料の機械的性質(強度・延性)

固溶強化/転位強化/析出・分散強化/粒界強化

延性(集合組織/結晶塑性FEM、延性破壊、脆性破壊)

13:00 実験の立場から 「高強度鋼における材料組織学的課題」古原 忠 東北大学 金属材料研究所

13:30 J-PARC活用の立場から 

「鉄鋼材料研究において量子ビームにより新たに観えてきた事実」友田 陽 茨城大学 工学部物質工学科

14:00 計算科学の立場から 

「材料強度物性と材料強度設計」毛利哲夫 北海道大学 大学院工学研究科/東北大学 金属材料研究所

14:30   コーヒー・ブレーク

 司会 大野かおる

14:50 ●招待講演

「ナノ構造体の熱伝導計算に向けて」常行真司 東京大学 大学院理学研究科(CMSI統括責任者)

15:30 ●招待講演 

「共同利用スパコンを利用した物性物理学研究」川島直輝 東京大学 物性研究所(CMSI計算物性科学拠点長) 

16:10 ●招待講演 

「液体の計算分子科学〜化学反応・熱揺らぎ・柔軟性〜」佐藤啓文 京大大学院工学研究科 分子工学専攻 

16:50   コーヒー・ブレーク

 司会 川上和人

 ○加工・析出・変態組織形成

17:10 「高転位密度および超微細粒組織をもつAl-Mg-Si合金で観察される競合析出現象の実験的ならびに計算科学的研究

廣澤渉一 横浜国立大学 大学院工学研究院

17:40 「フェーズフィールド法と有限要素法による熱間加工マルチスケール解析」

高木知弘 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科

18:10 終了予定

 

********* 懇親会 ***********

 

12月7日(水)

司会 西谷滋人

◎高温強度

09:30 実験の立場から 「金属材料の高温強度(仮題)」 中島英治 九州大学 大学院総合理工学研究院

10:00 計算科学の立場から(クリープ)

「ナノ結晶のクリープ変形の原子シミュレーション 」尾方成信 大阪大学 大学院基礎工学研究科

10:30 計算科学の立場から(粒界/界面)

材料中の粒界・界面の第一原理計算:現象の解明から設計へ」 香山正憲 産業技術総合研究所

11:00   コーヒー・ブレーク

司会 渡邊育夢

11:20 ○粒界/転位

「転位と粒界の相互作用に関する原子シミュレーション」 下川智嗣 金沢大学 工学部

11:50 ○固溶強化・溶質の熱力学 

「機械的性質における溶質原子の役割の第一原理計算:主に固溶強化を例として」上杉徳照 大阪府立大学

12:20   ランチ

司会 松宮 徹

産官学連携シンポジウム(「界面と組織制御」がテーマ)

13:10 ○企業での計算材料科学活用例紹介

「鋼中析出物界面の構造とエネルギー」澤田英明 新日本製鐵

②「耐熱鋼中の界面におけるクリープ損傷シミュレーション」中村 馨 電力中央研究所

Phase-Fieldモデルに基づく転位動力学計算と力学特性評価」海藤宏志 住友金属工業

14:25   コーヒー・ブレーク

14:45 ○パネル討論「産官学連携に期待すること(仮題)」

     澤田英明、中村 馨、海藤宏志、香山正憲、大谷博司(九大)、陳迎(東北大)

15:50 閉会の挨拶 古原 忠 東北大学 金属材料研究所 副所長/CMSI計算材料科学副拠点長

All Rights Reserved, Copyrights(c) 2011, Institute for Materials Research, Sendai, Japan