CMRI研究会開催

概要: 

平成27年度第1回CMRI研究会

-腐食問題および構造材料の解明と設計のための大規模計算科学の課題-

日程:2015622日(月)~23日(火)
 
懇親会:6月22日(月)17:30 会費4,000円
    レストラン『萩』TEL:022-224-8336
    (会場の「エスパス」と同じフロアとなっております)
 
6月22日(月)10:30~16:45
会場:東北大学片平北門会館2階「エスパス」
6月23日(火)9:30~16:30
会場:東北大学青葉山東キャンパス青葉記念会館5階大会議室 501
アクセス:
 
【共催】
・「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」
 (ポスト「京」重点課題(7)) サブ課題E.高信頼性構造材料
・ HPCI戦略プログラム分野2 第5部会「マルチスケール材料科学」
 
これまで、構造材料を対象にしたマルチスケール材料科学において、転位や粒界等の結晶欠陥が機械的性質や強度に及ぼす影響を検討してきたが、腐食は材料の保全・維持の観点から重要な問題であるにもかかわらず系統的な議論がなされていなかった。初日には、腐食科学、数値計算、実材料の開発に携わる者など、この分野の専門家を結集して腐食とマルチスケール材料科学の問題を議論する。又、第2日には、初日の議論を基にして、高信頼性の構造材料の開発に向け、機械的性質、化学的性質、物理的性質の3者を統合し、どのように次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成につなげるかの議論を行う。
 
【プログラム】
June 22, 2015
 <10:30-16:45>

 

10:30-11:30

藤本慎司(大阪大学工学研究科)

Prof. Shinji Fujimoto (Osaka University)

Numerical Modeling for Corrosion - Current Situation and the Future

 

11:30-12:30

Dr. Mira TodorovaMax-Planck)

Aqueous corrosion from the perspective of semiconductor defect chemistry: New tools and insights

 

Lunch (12:30-13:30)

 

13:30-14:30

木村光男(JFEスチール界面科学研究部)

Dr. MItsuo Kimura (JFE Steel Corporation)

Corrosion problems occurred in real environment and expectation for computational science

 

14:30-15:00

庄子哲雄(東北大学未来科学技術共同研究センター)

Prof. Tetsuo Shoji (Tohoku University)

Continuum and atomic scale modeling of stress corrosion cracking and hydrogen-accelerated oxidation

 

15:00-15:15 Break

 

15:15-15:45

國本雅宏(早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構)

Dr. Masahiro Kunimoto (Waseda University)

Quantum Chemical Calculation of Interfacial Reaction in Electrochemical Deposition

 

15:45-16:15

陳迎(東北大学工学研究科)

Prof. Ying Chen (Tohoku University)

First-principles study of oxidation and chromium alloying effects on mechanical properties of magnetite

 

16:15-16:45

尾方成信(大阪大学基礎工学研究科)

Prof. Shigenobu Ogata (Osaka University)

Molecular dynamics simulation of hydrogen behavior in dislocated metals

 

17:30-19:30(レストラン萩)

 

 

June 23, 2015

 <9:30-16:30>

* Invited Talk

 
 9:30-9:55
香山正憲(産総研)(20+5分)
趣旨説明、および「金属粒界の局所エネルギー・局所応力解析」
 
 9:55-10:20
山口正剛(原研)(20+5分)
「亀裂先端の原子論的シミュレーションについて」
 
 10:20-10:45
石橋章司(産総研)(20+5分)
dブロック金属における単空孔と陽電子の相互作用の理論計算」
 
 10:45-10:55 休憩 
 
 10:55-11:30
潮田浩作*(新日鉄住金)(30+5分)
「計算材料科学への産業界から見た期待」
 
 11:30-11:55
澤田英明(新日鉄住金)(20+5分)
「鉄鋼材料に対するニーズとポスト京コンピュータ」
 
 11:55-13:00 昼食
 
 13:00-13:35
古原忠*(東北大金研)(30+5分)
「鉄鋼の相変態における界面現象」
 
 13:35-14:10
都留智仁*(原研)(30+5分)
「原子シミュレーションによる組織制御と合金化に対する力学特性評価手法の検討」
 
 14:10-14:20 休憩
 
 14:20-14:45
譯田真人(阪大基礎工)(20+5分)
「第一原理計算に基づく鉄合金中のらせん転位のエネルギー論的解析」
 
 14:45-15:10
Swastibrata Bhattacharyya(横国大)(20+5分)
"First principles derivation of phase field crystal models".
 
15:10-15:20 休憩
 
 15:20-15:45
Sankar Deb Nath(東北大金研)(20+5分)
"Large-scale simulations of solidification by molecular dynamics and phase-field approaches"
 
 15:45-16:10
毛利哲夫(東北大金研)(20+5分)
「相平衡・相変態の第一原理計算」
 
 16:10-16:30 総合討論
16:30 終了
 
 
 

All Rights Reserved, Copyrights(c) 2011, Institute for Materials Research, Sendai, Japan