「平成24年度CMRI第二回シンポジウム」

日付: 
2012/11/27
概要: 
2013年1月21日(月)~22日(火)
東北大学金属材料研究所
 
 
以下の日程で「平成24年度 計算材料科学研究拠点(CMRI)第二回シンポジウム」を開催致します。
 
日 程:平成25年1月21日(月)13:00~22日(火)16:30終了
 (1月21日(月)懇親会:東北大学金属材料研究所2号館会議室)
会 場:東北大学金属材料研究所2号館講堂
参加料:無料(懇親会参加費4,000円程度)
 
<プログラム>

 1月21日(月) 

1300 【開会の挨拶】

                            新家光雄 東北大学金属材料研究所所長

【来賓の挨拶・講演】「京」を中核としたHPCIの構築とHPCI戦略プログラムの概要

                            林 孝浩 文部科学省 計算科学技術推進室

●セッション 凝固の数理 

1330 Phase-field法によるデンドライト競合成長の超大規模計算

                            高木知弘 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科

1400 フェーズフィールド法によるMg-Y-Zn合金凝固偏析計算

                            大出真知子 物質・材料研究機構 理論計算科学ユニット

1430 EBSDによる三次元粒選択過程の解析

                            江阪久雄、荒尾友香、篠塚計 防衛大学校 機能材料工学科

1500 ……………………………………… 休 憩 ………………………………………

●セッション セラミックス材料のマルチスケール設計・制御

1520 強誘電体の電気熱量効果の直接的な分子動力学計算

                            西松 毅 東北大学金属材料研究所

1550 第一原理計算と原子分解能ナノ構造解析の連携によるLiイオン電池材料の研究

                            森分博紀 ファインセラミックスセンター

1620 Aサイト設計によるABO3型ぺロブスカイト構造非鉛圧電体の開発

符 徳勝 静岡大学 若手グローバル研究リーダー育成拠点

1650 電子ドーピングによる強誘電性の消失と強誘電性の起源に関する第一原理計算

                            岩崎誉志紀 太陽誘電() 開発研究所

1720 ……………………………………… 休 憩 ………………………………………

1740 【特別講演】スピン流とスピントロニクス ー材料学的視点からー

                            高梨弘毅 東北大学金属材料研究所

1825 【重点課題現状報告】

                            澤田英明 新日鐵住金()

1840 ………………………… 懇親会 金研2号館1階会議室 ………………………

 

 

 1月22日(火) 

●セッション 全電子スペクトルとダイナミクス

900  TOMBOによる全電子スペクトル計算

                            大野かおる 横浜国立大学大学院工学研究院

H2 spill-over

                            佐原亮二 東北大学金属材料研究所

930     第一原理計算によるLiイオン二次電池正極材料の充放電機構の解明

                            田村友幸 名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター

1000 第一原理計算を用いたELNESおよびXANESの理論解析

                            溝口照康 東京大学 生産技術研究所

1030   スピン分解ARPESによるディラック電子系の研究

                            相馬清吾、高橋隆 東北大学WPI 

1100 ……………………………………… 休 憩 ………………………………………

●セッション 鉄鋼材料の磁性

1120 鉄鋼材料における磁性の重要性について

                            寺倉清之 北陸先端科学技術大学院大学

1200 鉄鋼材料研究における第一原理計算の利用の現状と将来展望

                            大塚秀幸 物質・材料研究機構 強磁場ステーション

1240 ……………………………………… 昼休み ………………………………………

1330 【特別講演】腐食防食分野での計算科学の現状と将来展開

                            藤本慎司 大阪大学大学院工学研究科

●国際セッション

1415 Phase-field formulation for heterogeneous systems and its implementation into the OpenPhase library

                            Ingo Steinbach &Oleg Shchyglo ICAMS, Ruhr-University, Germany

1500 Down to the core of TOMBO: Hyperfine interactions and beyond

                            M. Sluiter Delft Univ. of Technology

1545 Ab initio simulations of paramagnetic state: effects of temperature and electron correlations.

Igor Abrikosov Department of Physics and Measurement Technology (IFM), Linköpings University

1630 閉会の挨拶

                            毛利哲夫 計算材料科学研究拠点長 北海道大学/東北大学金属材料研究所

 

All Rights Reserved, Copyrights(c) 2011, Institute for Materials Research, Sendai, Japan